site map

出雲大社 神迎祭

出雲大社の神迎祭(かみむかえさい)とは

出雲大社の神迎祭(かみむかえさい)についてご存知でしょうか。
毎年旧暦の十月に島根県は出雲大社で行われる神事、「神迎祭(かみむかえさい)」について解説したいと思います。

所謂、当該大社において、一年の中での一番の重要なイベントの始りがこの「神迎祭(かみむかえさい)」と云っても過言ではないでしょう。

ちょうど世の中の暦が、「神無月」と云われる旧暦10月を、出雲大社とその信仰地盤である島根県一帯では「神在月」と表現します。

そう全国の八百万の神々が、日本全国の人々のために会議を開くために、ここ出雲大社に集合すると考えているからです。そして、八百万の神々が出雲大社に集合している期間を「神在祭」と云います。

ま〜本当にそんな事があるのか心底信じているわけではないでしょうが、出雲の国の人間が勝手にそう云っている訳ではなく、ちゃんと朝廷がそういった暦を作り「神無月」と云っているのだから面白いですね。

このイベントのスタートとも云うべき神事が「神迎祭(かみむかえさい)」なんですね。
つまり、八百万の神々を迎えるセレモニーであり前夜祭みたいなものなんです。

そして、神迎祭(かみむかえさい)は「神在祭」の前夜、旧暦の10月10日夜19時に、稲佐浜(いなさのはま)におい始まります。

先ず、神々の使者である竜神(海蛇)を稲佐浜(いなさのはま)に迎えます。
これが不思議な事に毎年この浜を目指して、一匹か数匹かは判りませんが、この浜の近海で浜の方向を目指す海蛇が一匹捕獲され竜神として迎えられます。

この竜神(海蛇)の先導で、全国の神々は海を渡りこの西から稲佐浜を目指し、更に出雲大社まで御神行なさる訳です。更に本来は、御本殿には西側入り口から入ると考えられます。

とにかく稲佐の浜では、御神火が焚かれ、それはそれはとても幻想的であり神秘的な神事です。この神事を毎年楽しみにしている旅行ファンが多いのには驚きます。

詳細に関しては出雲大社の神在月の記事をご覧下さい。

さて、拙い文章と記事ですがお役にたちましたでしょうか。最後までお付き合い頂き有難うございました。神々が集う日本の聖地でありパワースポットである島根県出雲市の出雲大社(Izumo Oyashiro)は、伊勢神宮と共に一生の内に一度は参拝したいところです。そして皆さんに大国主大神のご縁とご利益が怒濤の如く押し寄せますように祈っております。この記事は、出雲大社へ行こうのオリジナルによるものです。それでは次回の記事までお別れです。御機嫌よう!

出雲大社 映画

railways 映画

一畑電鉄が登場する「railways」という映画が話題になっています。

何やら、或るテレビ番組の紹介コーナーで、中井貴一主演で出雲大社と一畑電鉄を舞台とした「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」という映画が近く公開されるそうです。

キャストを調べてみると、出演者の大半は、全く知らない訳ではないけれどあまり認識がない役者さん達なんですが、監督は錦織良成さんという方で、主演の中井貴一他、高島礼子、本仮屋ユイカ、三浦貴大、奈良岡朋子という面々でした。

中でも、三浦貴大という役者さんは、あの三浦友和と山口百恵の次男というからもうそんな時代だと驚くばかりである。

ストーリーは至ってシンプルなものだが、下らないハリウッド映画と違い庶民の生活と男のロマンと夢の実現に焦点を合わせ、それに伴ない周辺の得るもの・失うものをエッセンスとしたその生き様を描いてみせるようだ。

映画の紹介キャッチフレーズには、「古き良き日本の原風景の残る島根を舞台にした、感動のヒューマン・ドラマ。50歳を前に自身を見つめ直した中年サラリーマンの人生の再チャレンジを描く。」とある。

たまには、こういった庶民の生き様、大衆の夢というシームを扱った映画を、じっくり味わってみたいものである。

一畑電鉄のことを地元以外では「バタデン」という云い方は、個人的にはあまり聞かないのだが、地元や若い世代ではいうのかも知れない。

そして、島根県の子供が一畑電鉄で行きたかったのが、昔は島根県で唯一の動物園であり遊園地の「一畑パーク」だったのだが、1961年(昭和36年)開園で1979年(昭和54年)閉園というから、わずか18年間の営業期間だったわけだ。こんあなに短いとは想わなかったな。

知る人ぞ知る懐かしいメロディー「一畑パークへ行こうかナ」は永遠に不滅となるのか!?以下インターネットで歌詞を探してみたら、ありましたので参考までに紹介したいと思います。

「いちばたパークへいこうかなぁー ドライブウエイはすてきだなぁー
  どうぶつえんもひこうきもぉー レストハウスもよんでるなぁー

            ・・・うふふふ とっても楽しかったわ! 」

現在、YouTubeで投稿されているのだが、何てモダンで懐かしいハイソなイメージのCMだったのか改めて感じる次第である。「ザ・ガードマン」と「キーハンター」の時代だな〜とつくずく感じる。

一畑パークCM
http://www.youtube.com/watch?v=XF1jXnbeDF8

因みに、映画の中での一畑電車の扱いは、電車好きのマニアにはいささかもの足りないかも知れない。

さて、拙い文章と記事ですがお役にたちましたでしょうか。最後までお付き合い頂き有難うございました。神々が集う日本の聖地でありパワースポットである島根県出雲市の出雲大社(Izumo Oyashiro)は、伊勢神宮と共に一生の内に一度は参拝したいところです。そして皆さんに大国主大神のご縁とご利益が怒濤の如く押し寄せますように祈っております。この記事の情報提供は、出雲大社へ行こうのオリジナル記事によるものです。それでは次回にの記事までお別れです。御機嫌よう!

出雲大社 神在祭

出雲大社の神在祭(かみありさい)とは

出雲大社の神在祭について説明したいと思います。
毎年旧暦の十月に出雲大社において開催される「神在祭」とは、島根県や現在の一宮出雲大社、並びに町を上げての一大イベントなのです。

世間では、旧暦10月を「神無月」と申しますが、島根県一帯では「神在月」といい、大国主大神さまの元で、全国から八百万の神々が出雲大社に集い「縁に関する会議」をされるという伝承があり、それに習い大切な神事を執り行うのです。

詳細は出雲大社の神在月の記事をご覧下さい。

時間的な流れとしては、「神在祭」の前に、旧暦の十月十日にの夜に神迎祭(かみむかえさい)「神迎神事」が稲佐の浜で行われます。

そして、神在祭(かみありさい)が旧暦の10月11日から八百万の神々が出雲大社をお発ちになる17日まで行われます。

因みに、現在は御本殿を建て替え中なので、今年はまだ御仮殿で神在祭がご奉仕されるかも知れません。

更に、続いて旧暦10月17日には、「神等去出祭(からさでさい)」が開催されます。つまり八百万の神々が去る時もしっかり儀式として、神事として奉(まつ)るわけです。
さて、拙い文章と記事ですがお役にたちましたでしょうか。最後までお付き合い頂き有難うございました。神々が集う日本の聖地島根県出雲市の出雲大社(Izumo Oyashiro)、伊勢神宮と共に一生の内にせめて一回は参拝したいところです。そんな皆さんに大国主大神のご利益が怒濤の如く押し寄せますように祈っております。この記事の情報提供は、出雲大社へ行こうのオリジナル記事によるものです。それでは次回にの記事までお別れです。御機嫌よう!

出雲大社

日御碕灯台

日御碕灯台にまで足を延ばしてみました。
やはり出雲大社に参拝したのなら日御碕灯台と日御碕神社(ひのみさきじんじゃ)までは周りたいですね。

この日御碕灯台周辺は綺麗に整備され観光スポットとして有名です。
出雲大社からはバスも出ていますし、車で15分位でしょうか。

I43.JPG


駐車場から、灯台までは若干街中を下ってゆくのですが、途中海産物を販売しているお店がたくさんありますから、お土産には苦労しませんね。

特に、夕暮れの日本海はとても情緒的です。
日本海を行き交う船を眺めているだけでも楽しいですよ。全く飽きませんね。

流れる雲と刻々と変化する海の色は実に不思議で、まさに大自然の営みを肌で感じるような想いです。

さて、拙い文章と記事ですがお役にたちましたでしょうか。最後までお付き合い頂き有難うございました。神々が集う日本の聖地島根県出雲市の出雲大社(Izumo Oyashiro)、伊勢神宮と共に一生の内にせめて一回は参拝したいところです。そんな皆さんに大国主大神のご利益が怒濤の如く押し寄せますように祈っております。この記事の情報提供は、出雲大社へ行こう !のオリジナル記事によるものです。それでは次回にの記事までお別れです。御機嫌よう!

出雲大社

出雲大社の鳥居

出雲大社の鳥居についてご存知でしょうか?
古代からの名称杵築大社(きづきたいしゃ)こと、出雲大社の鳥居についてご紹介したいと思います。

ここで皆さんは全国で出雲大社にしかない珍しい事実に気が付かれると想います。
以外と島根県人や地元周辺の人々も知らないケースがあります。
I21.JPG

データ的には、杵築大社の鳥居は全部で4つ存在します。
神門通りと称される参道の正面から紹介いたしますと以下の様になります。

【 出雲大社の鳥居 】

1、日本一の大鳥居 

宇迦橋の袂(たもと)に建つ最初に見えるのものである。建立は大正時代で、日本初のコンクリート製であり奈良県の大三輪神社も頑張っているが未だに日本一の威風を誇っている。この鳥居の建立の逸話も実に興味深いものですね。

2、木造の二の鳥居 

神門通りを進むと参道よりも少し広くなった勢溜と呼ばれる地に立つのがこの木造のものでありこれも大きい。

3、鉄製鳥居

下り参道を更に進むと祓橋があり、それを渡ったところに建っています。

4、銅製鳥居

時は寛文6年(1666年)、防長両国の藩主でありあの三本の矢の逸話で有名な「毛利元就」の孫の孫「毛利綱広(つなひろ)」が寄進したものだそうです。

お気付きになられましたでしょうか!?
そう四つの鳥居の材質なんですよね。伊勢神宮はとことん木材にこだわりますが、出雲大社では、何と「コンクリート・木材・鉄・銅」というそれぞれの鳥居がそれぞれの材質で建立されている点です。面白いと想いませんか?

また、観光バスや乗用車で参拝に来られた方達はどうしても西側から境内に入られるケースが多いのですが、出来ましたら大鳥居まで下がって参道約700mを味わってみては如何でしょうか?参道は「産道」に通じます。

参道の上下の起伏がなぜあるのか・・・とか推理すると古代ロマンが更に膨れ上がるかも知れませんね。

さて、拙い文章と記事ですがお役にたちましたでしょうか。最後までお付き合い頂き有難うございました。神々が集う日本の聖地島根県出雲市の出雲大社(Izumo Oyashiro)、伊勢神宮と共に一生の内にせめて一回は参拝したいところです。そんな皆さんに大国主大神のご利益が怒濤の如く押し寄せますように祈っております。この記事の情報提供は、出雲大社へ行こう !のオリジナル記事によるものです。それでは次回にの記事までお別れです。御機嫌よう!

<<前の5件  .. 3 4 5 6 7..  次の5件>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。