site map

出雲大社 神迎祭

出雲大社の神迎祭(かみむかえさい)とは

出雲大社の神迎祭(かみむかえさい)についてご存知でしょうか。
毎年旧暦の十月に島根県は出雲大社で行われる神事、「神迎祭(かみむかえさい)」について解説したいと思います。

所謂、当該大社において、一年の中での一番の重要なイベントの始りがこの「神迎祭(かみむかえさい)」と云っても過言ではないでしょう。

ちょうど世の中の暦が、「神無月」と云われる旧暦10月を、出雲大社とその信仰地盤である島根県一帯では「神在月」と表現します。

そう全国の八百万の神々が、日本全国の人々のために会議を開くために、ここ出雲大社に集合すると考えているからです。そして、八百万の神々が出雲大社に集合している期間を「神在祭」と云います。

ま〜本当にそんな事があるのか心底信じているわけではないでしょうが、出雲の国の人間が勝手にそう云っている訳ではなく、ちゃんと朝廷がそういった暦を作り「神無月」と云っているのだから面白いですね。

このイベントのスタートとも云うべき神事が「神迎祭(かみむかえさい)」なんですね。
つまり、八百万の神々を迎えるセレモニーであり前夜祭みたいなものなんです。

そして、神迎祭(かみむかえさい)は「神在祭」の前夜、旧暦の10月10日夜19時に、稲佐浜(いなさのはま)におい始まります。

先ず、神々の使者である竜神(海蛇)を稲佐浜(いなさのはま)に迎えます。
これが不思議な事に毎年この浜を目指して、一匹か数匹かは判りませんが、この浜の近海で浜の方向を目指す海蛇が一匹捕獲され竜神として迎えられます。

この竜神(海蛇)の先導で、全国の神々は海を渡りこの西から稲佐浜を目指し、更に出雲大社まで御神行なさる訳です。更に本来は、御本殿には西側入り口から入ると考えられます。

とにかく稲佐の浜では、御神火が焚かれ、それはそれはとても幻想的であり神秘的な神事です。この神事を毎年楽しみにしている旅行ファンが多いのには驚きます。

詳細に関しては出雲大社の神在月の記事をご覧下さい。

さて、拙い文章と記事ですがお役にたちましたでしょうか。最後までお付き合い頂き有難うございました。神々が集う日本の聖地でありパワースポットである島根県出雲市の出雲大社(Izumo Oyashiro)は、伊勢神宮と共に一生の内に一度は参拝したいところです。そして皆さんに大国主大神のご縁とご利益が怒濤の如く押し寄せますように祈っております。この記事は、出雲大社へ行こうのオリジナルによるものです。それでは次回の記事までお別れです。御機嫌よう!


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。