site map

出雲大社 宿泊

竹野屋旅館 出雲大社

出雲大社参道にある竹野屋旅館についてご紹介したいと思います。
正式には「竹野屋」で通り、創業130年を誇るその宿は、出雲大社の門前町であり神門南にあるその立地は参道の直ぐ側らにあります。因みに、「竹の屋」ではインターネットではヒットしにくいですね。

又、島根県の出雲地方では竹野屋旅館(たけのやりょかん)というのは格別に有名ですね。
それは、地元が生んだインテリでセンス抜群の女性歌手であり自称「シンガーソング専業主婦」である「竹内まりや」さんの生家だからです。彼女のこの実家でしか買えない特別なグッズを求めてくる熱いファンは今も絶えません。

そして、本来は老舗温泉観光旅館というよりも出雲大社への参拝者達の宿泊先であり、更に「竹野屋」旅館は出雲大社での神前結婚式を挙げた一家や出席者達の宿であり披露宴会場というのが生業であり役割だったそうだ。

先代主人は、元大社町長を勤めたほどの人物で竹内繁蔵氏であり、竹内まりやさんはその娘である。現在は、ブライダルアドバイザーという肩書きを持つお兄さんがその重責と歴史を継いでいらっしゃる。

よく手入れされた植栽に囲まれた玄関先から中に入ると、近代的なホテルのロビーとは一味違うムーデイーで重厚な木造建築が目に飛び込む。そして、畳敷き広いロビーにて島根県が誇る茶菓子と抹茶のお持て成しに一息着いて頂けるはずである。

【 竹野屋 旅館 注意点とポイント 】

1、「完全予約制」である。
2、「一人のみの宿泊」も可能。
3、「ランチのみ」も可能。(要予約)
4、「竹内まりやグッズ」は、宿泊やランチの客のみ購入可能。
5、「素泊まり」も可能。
6、 竹野屋旅館 ホームページ(現在閉鎖中)
   http://www.takenoya-ryokan.jp/

【 竹野屋 旅館 データ 】

〒699-0711 島根県出雲市大社町杵築南857
TEL 0853-53-3131
客室数 和室 44室
アクセス 出雲大社正門前から徒歩 1分
     一畑電鉄線・大社前駅徒歩3分
山陰道宍道ICから35分
山陰本線・出雲大社前駅から4分

【 話題&エピソード 】

1、80年、ザ・ピーナッツの名曲「恋のバカンス」をカバーしたFM東京の企画番組で結成されたスペシャル・バンド「竹の屋セントラル・ヒーティング」のグループ名は、この「竹野屋」から来ている。因みに、「野」はセンス良く「の」に変更されている。
メンバーは凄いが、出来はそんなに評価出来るほどのものではない。
2、2008年度「NHK朝の連続テレビ小説」の「だんだん」のロケに使用される。

【 出雲大社 宿泊先 参考サイト 】

◆出雲大社周辺の旅館・民宿ごあんない
http://www.kankou-taisha.jp/yado/yado-t.htm

神々が集う日本の聖地島根県出雲市の出雲大社(Izumo Oyashiro)、伊勢神宮と共に一生の内に一度は参拝したいところです。さて、拙い文章の記事ですがお役にたちましたでしょうか。最後までお付き合い頂き有難うございました。

そんな皆さんに大国主大神のご利益が怒濤の如く押し寄せますように祈っております。この記事は、出雲大社へ行こうのオリジナルによるものです。それでは次回にの記事までお別れです。御機嫌よう!

出雲大社 宿泊

出雲大社の宿泊

出雲大社の宿泊でお探しですか。
出雲大社の観光や参拝ツアーのための宿泊先についてご紹介したいと思います。

ポイントとして、出雲市内で泊まるのか、松江市内の旅館やホテルで宿泊するかは、他の観光名所の周り方で変ってきますね。

更に、間の玉造温泉でのお湯も捨てがたいですね。最大の温泉街ですしね。

★お勧めの出雲大社の宿泊先案内一覧です。

【 主な観光名所・旧跡 】

【島根・鳥取】となると、

「出雲大社」、「日御碕灯台」、「足立美術館」、名湯「玉造温泉」、「松江温泉」、「松江城」、「ヘルン旧居」、「武家屋敷」、「風土記の丘歴史資料館」、「三朝温泉」、「皆生温泉」、「鳥取砂丘」、「大山(だいせん)」、「三瓶山」、奥出雲町は砂の器の舞台「亀嵩温泉」、「たたら記念館」、世界遺産の「石見銀山」などが有名ですね。

【山陰・山陽旅行】となると、

山口県の歴史の街「萩」、島根県の山陰の小京都「津和野」、、日本最古の神社「出雲大社」、広島県の日本三景「安芸の宮島」、兵庫県の「城之崎温泉」、京都府は「天橋立」、岡山県の「倉敷美術館」とかなり広くなります。

さて、拙い文章と記事ですがお役にたちましたでしょうか。最後までお付き合い頂き有難うございました。神々が集う日本の聖地島根県出雲市の出雲大社(Izumo Oyashiro)、伊勢神宮と共に一生の内にせめて一回は参拝したいところです。そんな皆さんに大国主大神のご利益が怒濤の如く押し寄せますように祈っております。この記事の情報提供は、出雲大社へ行こう !のオリジナル記事によるものです。それでは次回にの記事までお別れです。御機嫌よう!


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。